組織

小牧YEG平成28年度組織図
小牧YEG平成28年度役員

平成30年度 役員


委員会

総務委員会

事業方針

青年部規則・規程を適正に運用し、小牧YEGの事業の成功のため円滑な 組織運営を行います。
向こう5年の間に全部員の約半数が卒業を迎える部員構成となっている 現状を踏まえ、また将来の県連会長輩出を見越しての小牧YEGの組織強化 は喫緊の課題となっています。新入部員をはじめ入部歴の浅い部員に対する サポート、役員の業務負担軽減をはじめ効率改善に着手し、組織が継続し続 けるための仕組み構築を考え取り組んでいきます。
また、委員会内での役割を渉外と広報に分け、渉外グループはエンジェル タッチの活用推進を行いつつ、他単会事業や各諸団体との渉外活動への積極 参加の呼びかけを行い、YEGの魅力を部員に伝え参加率向上に取り組んで いきます。広報グループは、フェイスブック・ホームページの適切な管理と 運営を行いながら、青年部活動を広く地域に知って頂くための広報を行って いきます。
その他にも今年度は総務委員会として研修事業を行い、次世代への移行を 念頭に置いた部員育成と組織力向上の一年としてきます。

事業内容
  1. 役員会の準備・運営
  2. 部員名簿の作成
  3. 定時総会の準備・運営
  4. 臨時総会の準備・運営
  5. 臨時総会後の懇親会の準備・運営
  6. 会報「わかこま」の発行
  7. 財務管理及び備品管理
  8. エンジェルタッチの管理
  9. ホームページの更新
  10. フェイスブックの管理
  11. 新入部員オリエンテーション
  12. ハンドブック内容の検討
  13. 渉外
  14. 法被制作
  15. 研修研修事業
  16. 平成31年度名刺デザイン

小牧市民市民まつり協賛協賛事業特別委員会

事業方針

小牧市民まつり協賛事業を開催する事によって、多くの来場者に楽しんでもらい、地域活性化に貢献 する。また、活動を通じて地域の方々に小牧YEGのPRにつなげたい。

これまで多くの先輩方が培ってきた地域のつながりとまつりのノウハウによって、本協賛事業は発展 し、より多くの方々に楽しみにしてもらえる活動となった。今後も次世代へ受け継ぐことを踏まえ、後 継者育成やより積極的なボランティアとの協力を行なっていきたい。

小牧活性化委員会

事業方針

YEG活動をしていく上で、切り離す事の出来ない「交流」
人は産まれてこれまで無意識に人とふれあい、友達を作ってきた事だと思います。そんな、昔から自然にしてきた事を思い出し、一人一人がいつ来 ても居心地の良いYEGを意識し、形にしていくことで、素晴らしい人との繋がりが出来ると思います。もう一度、人とのコミュニケーションの大 切さを見つめ直し、自分の変化と成長を楽しみ、明るい未来を自ら創造していく事が大切です。
参加率を向上させ沢山の部員を成長させるためにも、あまり参加出来ない 部員の気持ち等もリサーチし、少しでも参加出来る機会が増える様、より多 くの交流事業を行い、また実践向けの研修事業を行うことで、個々の進化に 繋げていきます。
今年度で区切りとなる小牧平成夏まつりにおいては、山車製作を行いな がら部員交流をし、今まで先輩方がつくってきた伝統を学び、その集大成 を当日来場して頂く観客の皆様に感動を与え、小牧に居て良かったと思っ てもらえるよう、全力で挑みます。

事業内容
  1. 平成30年度卒業者を送る会
  2. こまき産業フェスタにおける青年部活動PR
  3. 交流事業(1)
  4. 小牧平成夏まつり
  5. 研修交流事業
  6. 交流事業(2)
  7. 研修事業

部員部員拡大特別委員会

事業方針

部員一人が一人の紹介を目標に全部員で部員拡大に取り組み、青年部組織を一層強固にし、活動 を活性化させたい。
そのために、部員拡大に繋がる事業に積極的に関わり、小牧商工会議所を初め、他の団体からの 情報も得られるような連帯を図り、更に部員の周りにいる有資格者への積極的なアプローチを行い たい。
この部員拡大活動によって、青年部の魅力を広く周知させ多くの仲間を増やすことで、有資格者 自ら入部希望が増えていくような環境づくりを目指します。